2009年12月27日

No.594 『「学ぶ心」技化』

   「ものごとには、深さと高さがある」 ことを、あらゆる機会に伝え、ともに実感してほしい。 水平に移動するだけの快楽消費ではなく、我慢強く掘り下げ、よじ登り、積み上げる 「垂直的な充実感」 を共有できれば、生きる手応えが格段に違ってくる。 
  私はずっと、 「技」 や 「技化」 ということに、こだわってきた。 何か注意されると、 「ああ、それなら知っていた」 と言う人がいる。 できていないのに、 「わかっている」 と言い続ける人には進歩がない。 「知っている」 ことと 「できる」 ことは、まったく違うことだ。 その間には深い川が流れている。 
  この川に橋をかけるのが 「技」 だ。 反復練習を重ね、いつでも確実に使えるもの、それが技だ。 現代日本では、この技を習得する根気が欠けがちだ。 技は自分自身の一部になる。 技は、この身の内部にしみこんでいる。 技があることで、自分を信頼できるようになる。 
  心だけポジティブになるというやり方では、現実を目の前にしたときに脆い。 技があってはじめて本当の自信が持てる。 
  技は、体技ばかりではない。 読書もコミュニケーションも技だ。 アイディアを生み出すのも技だ。 いろいろなところに 「技」 を見出すことによって、世の中が 「学ぶテキスト」 にあふれていることに気づくだろう。 そして 「学ぶ心」 そのものもまた、技化される。 体に癖があるように心にも癖がある。 学ぶ心は、反復強化することで、心の技になり、一生を活気づけてくれる。 
齋藤孝 『なぜ日本人は学ばなくなったのか』





検索用kwd:
posted by Vigorous at 12:36| 教育、心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ



注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。



QRコード

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。