2009年11月13日

No.563 『裁判員の守秘義務』

   裁判員制度が一度導入されたら、これほど国じゅうで大騒ぎをして導入した制度を根本から見直すことは容易にはできません。 それがあり得るとすれば、冤罪や、真犯人が罪を免れる 「誤判」 が相次いで表面化した場合ですが、裁判の誤りが動かぬ証拠によって客観的に明らかになることは稀です。 
  重要なことは、裁判員には、裁判員裁判の経緯などについて、一生守秘義務が課されるということです。 裁判員裁判がどのように行われ、どのように結論が出されたかを裁判員自身が明らかにすることは禁止され、違反に対しては罰則が設けられています。 結局、裁判員裁判の内実が裁判員経験者の口から明らかにされることはなく、司法関係者も内実を暴露できないまま、歪んだ裁判員制度の歴史が積み重ねられ、それが、日本の刑事司法の根幹を蝕んでいくことになりかねません。 
郷原信郎 『思考停止社会』





検索用kwd:
posted by Vigorous at 22:50| 社会学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ



注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。



QRコード

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。