2009年11月03日

No.556 『市民社会から国家へ』

   人間精神の本質たる 「自由」 は、まずはじめは 「所有」 への欲求という形をとる。 所有なしに人間の自由は存在しない。 所有は、はじめは親や上位のものの許可によって可能になるが、つまり所有のうちには最低限の 「承認」 が存在する。 人間どうしの所有の承認は、家族の相互配慮の世界から離れて、他者どうしの自由の承認へと進んでいく。 
  「契約」 とは、単に他者の所有の許可や承認をすることではなく、それを他者の当然の権利として認め、互いがこの権利を尊重し、そこに暴力を持ち込ませず、いったん行った約束を守る意志を持ち合うことである。 これが社会全般に拡大し、一つの制度として定着すると 「法」 となる。 さて、 「法」 が統治支配からの一方的な命令としてではなく、相互的な 「契約」 とその権利の確定という仕方で拡大するのは 「市民社会」 においてである。 
  市民社会は、それ自身では、この 「自由」 の相互的確執を調停する原理を持っていない。 そこでヘーゲルは、解放された個人の 「自由」 の競合をより高次のレベルで統合するものとして、 「国家」(=人倫) の原理をおく。 市民社会は 「悟性国家」 と呼ばれ、より上位の概念としての人倫国家は 「理性国家」 と呼ばれる。 
  これがヘーゲルの 『法の哲学』 における、 「家族」→「市民社会」→「国家」 という 「自由の本質の展開」 の大きな輪郭である。 
竹田青嗣 『人間の未来』





検索用kwd:
posted by Vigorous at 18:01| 哲学・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ



注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。



QRコード

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。