2009年08月19日

No.0490 『ホッブズの 「普遍闘争原理」 』

   人 (あるいは共同体) は誰であれ、自分の生命と財産の維持のために、実力 (暴力) を使って自分の身を守る当然の権利を持っている (自然権) 。 そこで、人間社会は、もし強力な統治権力がなければ、相互不信のために、不可避的に普遍的な闘争状態に陥らざるをえない (自然状態) 。 この普遍闘争状態を制御する 「原理」 はたった一つで、全員の自然権を誰か相応しい人物に譲り、強力な統治権力を作りあげることだ。 そのことではじめて、 「私闘」 が禁止され、統治と秩序の状態が現れる。 この原理をホッブズは 「自然法」 と名付けた。 (中略) 
  だが、現実には、相互不信や疑心暗鬼があるので、 「はじめに」 自ら進んで武力を捨て、王権に自分の権利を委ねようとするものはいない。 そんなことをすれば、たちまち近隣の勢力に打ち倒されるかもしれないからだ。 この意味では、ホッブズの説は、ただ原理論としてだけ正しく、それをいかに実現するかについてのプランがない。 そこにいろいろつけ込まれて批判される余地がある。 
竹田青嗣 『人間の未来』





検索用kwd:
posted by Vigorous at 21:38| 哲学・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ



注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。



QRコード

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。