2009年04月23日

No.0387 『統合失調質パーソナリティ』

   統合失調質パーソナリティ障害の特徴は、対人接触を求めないということである。 このタイプの人にとって、孤独こそ最良の棲み家なのである。  (中略) 
  統合失調製パーソナリティの人は、静かで淡々とした生活を好む。 概して、贅沢や華美に走ることを嫌う。 生活は質素で、たとえお金があっても、食事や衣服、住居にお金をかけるということもない。 外見にはあまりこだわらないが、感性や趣味は意外に洗練されているところもある。 
  貪欲さや成金趣味とは正反対な人で、清貧に生きることが多いし、似合っている。 物質的なものよりも、精神的で、内面的な価値に重きを置く。 
  欲の乏しさは性欲にも及んでいる。 男女が肉体的に愛し合うことに、違和感や罪悪感を覚える人が多い。 そうしたドロドロした関係ではなく、プラトニックで精神的な関係を求めようとする。 
  欲の乏しさを反映して、喜怒哀楽や感情も淡白で、希薄な傾向がある。 それで、感情があまりないとか、平板だとかする誤解を受けやすいが、本当は極めて繊細で、わずかの感情の動きにも敏感であるがゆえに強すぎる感情は、ただ不快に感じるだけなのである。  (中略) 
  無口だがとても思索的で、宗教的な霊性や芸術的な感性を持っていることも多い。 だから、親しくなると意外に内面は豊かで、興味さえあれば、楽しい話相手にもなれる。 
  あまり口を開かないし、自分から進んで発言もしないので、自分の意見など持ち合わせていないと思うと、大間違いである。 意外に、こだわりの強い意見を持っているし、自分のこだわりや信念には、潔癖で、頑固である。 
岡田尊司 『パーソナリティ障害』





検索用kwd:
posted by Vigorous at 22:16| 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ



注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。



QRコード

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。