2009年03月14日

No.0333 『オタクとは何か』

   オタクとは何か? 昔からいる趣味人とどう違うのか? そもそも、専門家とどう違うのか? オタクは、無論、アニメ、マンガ、コンピュータ等の特定の主題で区画できる虚構の領域に没頭する人々である。 だが、これだけでは、趣味人や専門家との区別が分からなくなる。 オタクを専門家や一般の趣味人から区別する特徴は、意味の重さと情報の密度の間の極端な不均衡である。 一般には、意味の重さと情報の密度との間には、比例的な関係がある。 要するに、有意味なことだから情報が集積されるのである。 だが、オタクに関しては、こうした法則が成り立たない。 情報は、有意味性への参照を欠いたまま、つまり意味へとつながる臍の緒をもたないまま、それ自体として追求され、集められていくのである。 ある事柄の 「意味」 は、常に、より包括的なコンテクスト、外側へのコンテクストへの参照を前提にしている。 それに対して、 「情報」 は、そうした外側のコンテクストへの参照を欠いている。 オタクは、自らが関心を向ける情報的な差異に関して、それをより包括的なコンテクストに位置づけて、その重要度を説明することができないのである。 
大澤真幸 『不可能性の時代』





検索用kwd:
posted by Vigorous at 18:03 | TrackBack(0) | 社会学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
カテゴリ



注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。



QRコード

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。