2009年02月22日

No.0294 『自己愛性パーソナリティ』

   自己愛性パーソナリティの人は、自分の手柄にならないことには無関心だし、得点にならない雑用は、できるだけ他人に押しつけて知らん顔をしている。 おいしいところだけを取って、面倒な仕事や得にならない仕事には近寄ろうともしない。 
  自己愛性パーソナリティの人は、気まぐれで、気分がよいと、べらべらと調子のいい長口舌を振るうが、機嫌が悪いと、些細なことでもヒステリックに怒鳴り声を上げ、耳を疑うような言葉で罵ったり、見当はずれな説教をしたりするのである。 (中略) 
  自己愛性パーソナリティの人が、権力や地位を得ると、周囲は散々な思いをする。 権限をかさに言うことを聞くように迫られたり、自己に媚びへつらわない者は、冷たく無視されたり、いじめるように仕向けたり、子供のような真似を、権力のもとに行うのである。 
  自己愛性パーソナリティの人は、自分はあくまで正しいと思っているので、自分を省みるということが非常に難しい。 明らかに過ちを犯したときでも、謝罪は口先だけのもので、心の中では自分が正しいと思っている。 したがって、気分を害さないように忠告をするのは、至難の業である。 本人のためを思って欠点を指摘している場合も、たとえ表面は平静を装っていても、心の中では憤っていて、何かの拍子に言われたことに対する怒りが噴出してくる。 
岡田尊司 『パーソナリティ障害』





検索用kwd:
posted by Vigorous at 21:07 | TrackBack(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114653596

この記事へのトラックバック
カテゴリ



注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。



QRコード

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。