2009年02月11日

No.0272 『鏡の中のチャーリイ』

   そのときだった。 洗面台の上の鏡の中でチャーリイが私を見つめているのに気づいたのは。 それがチャーリイで、私ではないことがどうしてわかったのかは知らない。 ぼんやりした問いかけるような表情のせいかもしれない。 目は大きく見開かれ、怯えている、まるでこちらが一言でも喋ったら、くるりと背を向けて鏡の世界の次元へ逃げこんでしまいそうだった。 しかし彼は逃げださなかった。 口を開き、顎をだらりと落として私を見つめかえすばかりだ。   (中略)
  「何か欲しいんだろう。 おれのあとをつけまわして」 彼はうつむいた。 彼が見ているものを見ようと私は自分の手を見た。   「こいつを返してほしいのかい?」 ここから出でいってもらいたいんだな、そうすりゃおまえは自分のいたいところに戻れるもんな。 責めたりはしないよ。 これはおまえの体、おまえの頭だもの・・・・・それにおまえの命だもの、たとえそれを十分に生かすことができないにしてもだ。 これをおまえから取りあげる権利はおれにはない。 だれにもありゃしない。 おれの光がおまえの暗闇よりいいなんでだれに言えるかい? こんなことを喋っているおれって、いったいだれなんだ・・・・・・
ダニエル・キイス 『アルジャーノンに花束を』 (小尾芙佐訳)





検索用kwd:
posted by Vigorous at 19:19 | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
カテゴリ



注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。



QRコード

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。