2008年12月23日

No.0172 『クリスマスの笑顔』

   元手が要らない
  しかも利益は莫大
  与えても減らず
  与えられた者は豊かになる
  一瞬間見せれば
  その記憶は永久に続く
  どんな金持ちもこれなしでは暮らせない
  どんな貧乏人もこれによって豊かになる
  家庭に幸福を、商売に善意をもたらす
  友情の合い言葉
  疲れた者にとっては休養
  失意の人にとっては光明
  悲しむ者にとっては太陽
  悩める者にとっては自然の解毒剤となる
  買うことも  強要することも
  借りることも  盗むこともできない
  無償で与えて初めて値打ちが出る

クリスマスセールで疲れきった店員のうちに、これをお見せしない者がございました節は、恐れ入りますが、お客様の分をお見せ願いたいと存じます。 笑顔を使いきった人間ほど、笑顔を必要とするものはございません。
デパートの広告文から



  (原文)
It costs nothing, but creates much.
It enriches those who receive without impoverishing those who give.
It happens in a flash and the memory of it sometimes lasts forever.
None are so rich they can get along without it
and none so poor but are richer for its benefits.
It creates happiness in the home, fosters good will in a business,
and is the countersign of friends.
It is rest to the weary, daylight to the discouraged,
sunshine to the sad, and Nature’s best antidote for trouble.
Yet it cannot be bought, begged, borrowed,
or stolen, for it is something that is no earthly good to anybody till it is given away.

And if in the last-minute rush of Christmas buying, some of our salespeople should be too tired to give you a smile, may we ask you to leave one of yours? For nobody needs a smile so much as those who have none left to give.
『The Value of a Smile』 By Frank Irving Fletcher





検索用kwd:
posted by Vigorous at 20:37| 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ



注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。



QRコード

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。